邪馬台国人の髪型は?入れ墨もしてた?現代に残る風習も

2020/11/17 21:27

ライター:平田提

歴史 弥生時代 日本史学び直し 邪馬台国 卑弥呼
邪馬台国人の髪型は?入れ墨もしてた?現代に残る風習も

3世紀の日本、弥生時代にあったとされる邪馬台国。邪馬台国の人々はどんな生活をしていたのでしょうか。3世紀の中国の歴史書『魏志倭人伝』には、邪馬台国の人々の生活・風習が描かれています。拍手や家族が別々の部屋に寝るなど、現代に残る風習もあれば、入れ墨など当時しかなかった文化もあります。

邪馬台国人の髪型・衣服。入れ墨などヤマト政権文化との違いも

邪馬台国の人々はどんな格好をしていたのでしょうか。『魏志倭人伝』の記述から想像されるのは以下のようなものです。

邪馬台国の髪型と衣服。南方系の特徴が見られる

・podcast版

邪馬台国の人々の髪型ですが、男性は美豆良(角髪、みずら)という頭の横で髪を束ねる髪型をしていました。昭和~平成に流行した『ビックリマン』のキャラ「ヤマト王子」の髪型です。もしくはお笑い芸人コンビ、ハイキングウォーキングのボケ担当・鈴木Q太郎さんの持ちネタ、「卑弥呼様~!」のときにする髪型です。女性は頭の上でマゲを結う、一髻(ひとつもとどり)という髪型をしていたようです。

邪馬台国の男性は美豆良(角髪、みずら)という頭の横で髪を束ねる髪型をしていました

邪馬台国の男性は袈裟衣(けさい)といわれる身体の布を巻きつけるような服、女性は貫頭衣(かんとうい)と呼ばれる、布地の折り目の中央に穴を空け、頭からスッポリ被るような服を着ていました。これは中国の江南地方やベトナム・ラオスなど南方系の文化に近いものです。

ヤマト政権の時代の衣服は、より動きやすい衣服になりました。男性は衣褌(きぬはかま)と呼ばれ下半身はズボン状のもの、女性は衣裳(きぬも)という着物に近いものです。これは北方系の騎馬民族の風習を受け継いだと考えられます。

邪馬台国の人々は入れ墨をしていた

『魏志倭人伝』によれば、邪馬台国の人々は大人も子供も顔・体に入れ墨をしていたそうです。これも衣服などと同様、南方系の影響と考えられます。南方ではワニやサメに襲われないためにそれぞれの動物の入れ墨を施す風習がありました。 4~5世紀のヤマト政権の時代以降は恐らく入れ墨の風習はなかったとされています。もし邪馬台国が畿内(近畿地方、奈良・大和)にあった場合、こういった風習が廃れたか、別の文化を持つ一族に支配権が移った可能性があります。一方、邪馬台国九州説をとると、入れ墨などはあくまで邪馬台国独自の風習だったと捉えられます。

関連記事:邪馬台国はどこにあった?なぜ九州・畿内説に分かれるのか?

邪馬台国の生活。拍手や寝室の文化など一部には現代にまで残る風習も

邪馬台国の生活。拍手や寝室の文化など一部には現代にまで残る風習も

『魏志倭人伝』によると邪馬台国の倭人たちは稲作をし、養蚕(カイコを育てること)や麻の栽培をしていたようです。絹や麻布を着る、交換する文化があったんですね。  また「人の性、酒を嗜む」ということで、麹を使った酒造りがすでに始まっていたことも分かっています。

以降の日本には見られない風習として「持衰(じさい)」という独特の風習が邪馬台国にはあったようです。持衰とは、船出の際に一人を選んで隔離し、死者のように扱うもの。航海が無事に終われば持衰の役の者に褒美を与えますが、万が一事故があれば持衰のせいだとその人を殺したそうです。南方にもそういった風習がありました。

邪馬台国で人が亡くなったときには土を盛り上げて墓をつくっていたようです。死んだ直後からは十数日、殯(もがり)を行いました。肉食をせず喪主は声を上げて泣きます。他の人々は歌い踊り、酒を飲むそうです。この儀式は死者の名を呼ぶことで肉体から離れる魂を呼び戻そうとするものだったようです。『日本書紀』には6世紀の大君の葬儀の際、2年にも及ぶ殯(もがり)が行われたと記されています。

『魏志倭人伝』には誰かに呼ばれたとき「おう」と返事する風習が邪馬台国にはあったとされ、家族が別々の部屋に寝る、会合の際に飲酒するなど現代にまで残る文化もあります。

  • 現代にまで残る邪馬台国の風習

    • 稲作
    • 麻の栽培
    • 養蚕
    • 家族が別々の場所で寝る
    • 拍手
    • 会合の際に飲酒する
  • ヤマト政権(以降)まで続いた?邪馬台国の風習

    • 入れ墨(一部残ったか)
    • 髪型
      • 男性:美豆良(みずら)
      • 女性:一髻(ひとつもとどり)
    • 一夫多妻
    • ひざまずくおじぎ
    • 身分の高い人とひざまずいて話す
    • 「おう」という返事
  • 邪馬台国独自の風習

    • 衣服
      • 袈裟衣(けさい)
      • 貫頭衣(かんとうい)
    • 裸足
    • 手づかみの食事
    • 土を盛った墓
    • 殯(もがり)
    • 持衰(じさい)

参考文献

  • 『図説 地図とあらすじでわかる!倭国伝』安藤正勝(青春出版社)
  • 『邪馬台国と大和朝廷 』武光誠(平凡社新書)
  • 『改訂版 詳説日本史B』笹山晴生・佐藤信・五味文彦・高杢利彦(山川出版社)
  • 『もういちど読む 山川日本史』五味文彦・鳥海靖 編(山川出版社) ほか

・YouTube

podcastをフォロー

Listen on Apple Podcasts
Google Podcasts | Spotify

URL copy